HOME > 企業情報 > 企業概要・沿革

企業概要・沿革

社名 株式会社バンタン
本部所在地 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-31-9
設立年月日 1965年4月(バンタンデザイン研究所創立)
資本金 9000万円
主な事業 ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映画映像、フォト、ゲーム、アニメ、マンガ、サウンド、パティシエ、カフェ、フードコーディネーター、IT、プログラミング、エンターテインメント領域のクリエイター、インフルエンサー、プロデューサー等を育成するスクール運営事業、卒業生の支援事業等
会社役員 代表取締役社長 木村 良輔
取締役     吉岡 忠樹
取締役     武者 宏昌
取締役     鈴木 達朗
監査役     竹岡 博志
監査役     長谷川 佳大
顧問      石川 広己
親会社 株式会社ドワンゴ
加盟団体 一般社団法人JMA(会員・認定校)
NPO法人日本ネイリスト協会(会員・認定校)
エーアンドエー株式会社 OASIS加盟校
大阪府暴力追放推進センター
久左衛門振興町会
久左衛門商店街事業共同組合
日本バリスタ協会
特定非営利活動法人日本マナー・プロトコール協会(会員・認定校)
一般社団法人 日本フードアナリスト協会
公益社団法人 東京都洋菓子協会(会員)
兵庫県洋菓子協会
㈲IWPA JAPAN 内閣府認定国際ウェディングプランナー協会
公益社団法人日本アロマ環境協会(法人正会員)
日本ダイエット健康協会(特別認定校)
一般社団法人日本ファッションスタイリスト協会(認定校)
一般社団法人日本化粧品検定協会
一般社団法人日本エステティック協会(認定校)
公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(指定校)
一般社団法人全日本きもの振興会(法人会員)
一般社団法人日本オンラインゲーム協会(準会員)
日本ネットクリエイター協会 (賛助会員)
一般社団法人日本パーソナルスタイリング振興協会
一般社団法人日本語教育振興協会(維持会員校)
AWS Educate
AWS Academy
OSAKA愛鑑
一般社団法人日本モデルエージェンシー協会
一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会
一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)

沿革

  • 1965

    「バンタンデザイン研究所」が東京・恵比寿に創立 業界で働くプロフェッショナルのために、知識や技術を提供する教育機関として誕生した。

  • 1966

    提案型ファッションショーを開催(年2回) 年に2回、アパレル業界向けにトレンド提案型のファッションショーを開催し注目を集めた。

  • 1967

    流行の仕掛け人としてバンタンが紹介され始める サイケデリックファッション、ポップファッションを発表し、マスコミが注目。
    テレビのドキュメンタリー番組で、流行の仕掛け人として紹介される。

  • 1969

    「バンタンキャリアスクール」が開校 本館が完成し、バンタンキャリアスクール(現:バンタンデザイン研究所)が開校した。社会人のステップアップに向けたデザインの専門教育がはじまり、業界人対象コースに加えて大学・短大卒業者を対象にしたプロ養成カリキュラムも開講した。

  • 1980

    「バンタンデザイン研究所1~3年生コース」がスタート 業界からの強い要望によって、高校新卒者が入学可能な3年制コース編成を開始した。バンタンから「ファッションビジネス用語辞典」「新フラットパターン技法書」が発刊され、教材やメーカーにも広く採用される事となった。

  • 1986

    企業教育部「バンタン総合研究所」を設立 大手リーディングカンパニーを中心に、プロフェッショナル対象の企業教育研修を実現する「バンタン総合研究所」が設立された。

  • 1991

    ゲーム分野専門教育「バンタン電脳情報学院」を開校 「デザイン」と「テクノロジー」の融合を目指し、世界初のゲームクリエイターを育成するバンタン電脳情報学院(現:バンタンゲームアカデミー)が開校した。

  • 1994

    ファッションバトル「ブランドコンテスト」開催 在学中にデビューのチャンスを獲得できるというコンセプトで発足された、ファッションバトル「ブランドコンテスト」が開催された。

  • 1996

    「ヘアメイク学部」の新設 新たにヘアメイクを専門とした学部「ヘアメイク学部」が新設された。

  • 1998

    「バンタン製菓学院」/「バンタン ルソン・ド・シュルプリーズ」を開校 それまでの製菓、調理学校とはまったく異なる、「フードデザイン」をコンセプトにおいた食の専門校「バンタン製菓学院(現:レコールバンタン)」「バンタン ルソン・ド・シュルプリーズ(現:レコールバンタン・キャリアカレッジ)」を開校した。
    菓子職人を意味するフランス語の「パティシエ」という呼称を日本全国に広めた。

  • 2000

    「バンタン映画映像学院」を開校 フィルム中心だった映画・映像業界のデジタル化を予見し、デジタル環境に対応した「バンタン映画映像学院(現:バンタンデザイン研究所映像デザイン学部)」を開校した。

  • 2001

    「恵比寿本校デザイナーズメゾン」を開設

  • 2003

    「恵比寿本校セッションタワー」を開設

  • 2004

    「ヴィーナスアカデミー」を開校 業界に先駆けて、「セルフビューティー」をカリキュラムに取り入れたトータルビューティースクール「ヴィーナスアカデミー」を開校した。

  • 2005

    「大阪校 Cキューブ」を開校 イギリス一流校「University of East London」との留学提携を開始 NPO法人日本アグリデザイン評議会 発足 デザインによる食と農の啓蒙活動をスタート。

  • 2006

    全学部によるコンテスト「VANTAN CUTTING EDGE」がスタート

  • 2007

    特別進級クラス「X-SEED(エクシード)」が誕生 ファッション学部に、世界のコレクションに挑み、オリジナルのブランド表現を実現するための特別進級クラス「X-SEED(エクシード)」が誕生した。 「バンタン電影アニメマンガ学院」を開校 業界に先駆けて、海外のアニメ・マンガ業界でも活躍できる人材の専門校「バンタン電影アニメマンガ学院」(現:バンタンゲームアカデミー)を開校した。 ゲーム開発レーベル「WASABI」を設立 「ダブルダッチデライト」スポンサー契約(2007~2010) ゲーム分野でのインキュベーション活動として「ダブルダッチデライト」スポンサー契約をスタートさせた。 「バンタンヘアスタイリングラボ」を開校 小中学生を中心に、将来の職業について自ら考えることへの啓蒙活動を開始。 国家資格取得のための指定カリキュラムがスタート バンタン独自のクリエイター育成カリキュラムに加え、国家資格取得のための指定カリキュラムを開始。

  • 2008

    NY.パーソンズ大学との単位互換提携を開始 N.Y.の一流校Parsons The New School for Designとのカリキュラム、単位互換留学提携を開始した。世界デビューする卒業生のためのインキュベーションオフィス「Atelier X-SEED(アトリエ・エクシード)」も開設した。 「AGURI SAGIMORI」(デザイナー)が史上最年少で東京コレクショデビューを果たした 鷺森アグリさん(「AGURI SAGIMORI」デザイナー)が史上最年少での東京コレクションにデビューしたことをはじめ、スクールによるこれまでにないインキュベーション活動が各方面から注目を集める。

  • 2009

    民間教育機関初の外国人入学者受け入れ認可を取得 バンタンデザイン研究所が民間教育機関で初めて外国人の入学者受け入れ認可を受ける。 「Vantan TOKYO」を開催 ファッション分野で各国の優秀学生が参加するスペシャルクラス「International X-SEED」の募集を開始する。「atelier X-SEED」参加ブランドによるパリでの展示会「Vantan TOKYO」を開催。 仏紙「Le Monde」など国内外からの注目 スクールによる国際的なブランド育成支援として、仏紙「Le Monde」に取り上げられたほか、国内外から注目を集める。

  • 2010

    「レコールバンタン高等部」を開校 「ヴィーナスアカデミー高等部」を開校 高校卒業資格の取得とともに、早い段階からのスタートによるメリットを活かしたクリエイティブ教育によって、「10代でプロデビューし、成功する」ことを目指す方への人材育成を開始。

  • 2011

    「ストリートバンタンTOKYO」を開校 ファッション分野を中心に、マイクロビジネスでの独立、起業ができるという新たな職業観を提案する教育を開始する。 「バンタンドットライブアカデミー」を開校 業界に先駆けて、ソーシャルメディア、スマートフォン分野に特化した専門教育を開始する。 「バンタンプロフェッショナルランゲージスクール」を開校 クリエイティブ業界での活躍を目指す外国人に向けた日本語教育を開始する。

  • 2012

    「バンタンデザインハイスクール」を開校 高校卒業資格の取得とともにファッション、ヘアメイク、デザイン分野を目指す人材の専門校「バンタンデザインハイスクール(現:バンタンデザイン研究所高等部)」を開校した。

  • 2013

    「Asia Fashion Collection」を開始 (株)PARCOと共同で、アジアの若手デザイナーを発掘・インキュベートするプロジェクト「Asia Fashion Collection」を発足した。

  • 2014

    「バンタン高等学院」(東京・大阪)を開校 若年層への早期の専門教育の必要性を感じ、「バンタン高等学院」として、「バンタンデザイン研究所高等部」、「レコールバンタン高等部」、「バンタンゲームアカデミー高等部」、「ヴィーナスアカデミー高等部」を開校した。 「バンタンスポーツアカデミー」(東京)を開校 スポーツに関わるマーケティング、メディア、ストリートデザイン分野に特化した人材の専門教育を開始する。 「バンタンゲームアカデミー」(大阪校)、「ヴィーナスアカデミー」(大阪校)開校

  • 2019

    NYコレクション6年連続ランウェイショー実施 6年連続でバンタン在校生が在学中にNYコレクションにおいてランウェイショーを実施(Asia Fashion Collection 6th)

  • 2020

    「バンタンテックフォードアカデミー」(東京)を開校 企業や地方自治体との取り組みをベースに実践型プロジェクト型学習を通じてクリエイティブなIT人材(価値創出ができる人材)を輩出し、日本全体のITイノベーション力の向上を目指す。

バンタン・ヒストリー

菊池織部の画像

1965年に創業者、菊池織部(以下、織部)によって恵比寿に誕生した「バンタンデザイン研究所」。当時の日本には「デザイン」という言葉すら浸透していませんでした。グローバル化が進む時代に、『このままでは世界に置いていかれ日本は衰退していくだろう。本当の意味でデザインする人を育てなければいけない』。そんな想いでバンタンデザイン研究所はスタートしました。どのような歴史で、現在のバンタンの姿になっていったのか。
ヒストリーと当時の写真で紹介いたします。

バンタンはKADOKAWAグループの一員です

出版から総合メディア企業を目指すKADOKAWA は、グループ会社にネットとリアルの融合を目指すIT 企業のドワンゴなどを有した国内大手企業です。Web・出版・映像・ゲーム・学校の運営など、魅力的なコンテンツや革新的なサービス、情報発信力を活かし、新しい文化や価値の創造をしています。バンタンはそんなKADOKAWAグループの一員です。