HOME > バンタンについて > 教育メソッド

教育メソッド

「知識の習得」から「学ぶ・考える
チカラの習得へ」。
デザインで新たな
価値を生み出す人材を育成するために。

グローバル化や人工知能などのITの進化、少子高齢化など、今後数十年日本の社会は激変の時代を迎えようとしています。バンタンでは、「知識・技術の習得」よりも、「学ぶ・考えるチカラの習得」にカリキュラムの主軸を置くことで、時代の変化に対応できる人材を育成します。

教育体系/創造性を磨く、3つの要素

「学ぶ・考えるチカラ」を育成するために、バンタンでは「創造性」を軸に、CREATIVE / BUSINESS / COMMUNICATION の3つの要素を各カリキュラム・課題評価に反映しています。創造性とは、変わっていく社会や価値の中で、日常の固定概念にしばられず、新しい関係性を発見するために、自ら学び、考え、アイデンティティを発信する力。 バンタンのカリキュラムは創造性を開発し、クリエイティブディレクターを育成します。

  • CREATIVE創る・カタチにする

    技術を身につける/感受性を養う/発想力を鍛える/自己と向き合う

  • BUSINESS使う・実現させる

    計画を組む/市場の匂いを嗅ぐ/時代の先を読む/ブランド(商品)を企画する/資源・材料を到達する/パートナーを探す

  • COMMUNICATION人と社会を繋げる

    プレゼンテーションする/社会との関係性を考える/必要な環境をつくる/世の中に広める

教育手法/アクティブ・ラーニング手法

一方的な講義による知識や技術の習得だけでなく、受講生が主体的・能動的に考えて学べる環境を提供しています。

  • [Vantan FLIP CHANNEL]イメージ画像
    1

    動画教材[Vantan FLIP CHANNEL]を活用した反転授業

    独自の動画教材で学習の質を高めます

    バンタン独自の動画教材を用い、事前に基礎学習をする事が可能です。基礎学習を事前に行う事により、授業内ではスキルの習得だけでなく、 質疑やディスカッションや実習に多くの時間がさかれ、学習効果をより一層高めます。

    ※動画教材『Vantan FLIP CHANNEL』はバンタン在校生限定で24時間、PCやスマートフォンで視聴する事が可能。 ご自宅だけでなく各校舎のPC/Wi-Fi環境でも視聴可能です。

  • プロジェクト型授業イメージ画像
    2

    プロジェクト型授業

    課題解決力を磨く実践的授業

    知識、技術を一方的に講義で学ぶのではなく、リサーチ、ディスカッション、提案を通じ課題解決能力を養います。
    産学連携で企業課題を解決するプロジェクトも実施されます。

  • バンタンベーシックプログラムイメージ画像
    3

    バンタンベーシックプログラム

    感性と考えるチカラを養う
    特別ワークショップ

    創造性を養う特別ワークショップを定期実施します。ワークショップを通じて、技術だけでなく、 クリエイティブディレクターとして必要な「感性」と「考え方」を磨きます。
    「感性」と「考える力」を作品制作に活かし、新たな価値を創造します。

バンタンカリキュラム評議会

バンタンでは、実践教育の具現化に向け、文化や産業に卓越した見識を持つ外部評議員による「バンタンカリキュラム評議会」を設置しています。

評議委員 山本寛斎デザイナーの画像

評議員 山本 寛斎 様 (プロデューサー / デザイナー)

「未来に前例はない」この言葉をこれからの未来を創る君達に贈ります。今、バストが見える格好で町を歩く女性は普通ですが、以前は不道徳とされていました。髪のカラーリングは、夜の職業の人しかしていませんでした。

今この瞬間にも、数え切れないほど多くのものが変化しています。つまり、未来は誰も体験したことがありません。そんな未来の創り手である君達には、挑戦し続けて欲しい、そして、周囲の人からたくさん刺激を受けて欲しいと思います。

絶えず新しいことに挑戦する若者を、学校の枠にはまらない斬新な教育で育てているこのバンタンで、是非たくさんの異なる才能と出会い、面白い化学変化を起して下さい。私もその一員として、君達を応援いたします。


山本寛斎様は2020年7月21日にご逝去されました。

山本寛斎様は「バンタンカリキュラム評議会」において”文化や産業の発展のために”と大変貴重なご意見やアドバイスを下さいました。弊社が運営するスクールの生徒にもエネルギーを注いで下さり、クリエイターを目指すための数多くの応援や励みのメッセージをいただきました。

ご生前のご厚情に深く感謝し、心からご冥福をお祈りいたします。