若い才能を
育てることで
ファッション業界に
貢献できる

太田 佳孝

2017年中途入社
バンタンデザイン研究所大阪校
サービスグループ スタッフ

川下である百貨店を辞め
人材育成という川上へ

もともとファッションが好きで、ファッションのカルチャーに貢献したいという気持ちが昔からありました。大学を卒業して、大阪の百貨店に総合職として入社。2年間、百貨店の自主編集売り場の店頭で販売スタッフを務め、その後1年間、親会社に出向して、新規部署で小売市場の調査などを行いました。転職をしたのは、ファッション業界の川下である販売ではなく、もっと川上から貢献したい、と思ったからなんです。バンタンデザイン研究所の仕事は、まだ世の中に出ていない若い才能=クリエイティブの芽を育てることに貢献することができる。自分にとってそれは、正に「ファッションの川上」に携わることだったので、そんな仕事内容にとても魅力を感じました。実際入社して、ファッション学部のクラス担当をさせていただくことになり、デザイナーの卵である学生たちや講師と触れ合う日々は、それまで触れていた既製品の洋服に触れるのとはまた違った刺激を与えてくれています。

今の自分の働きが、
未来のクリエイティブ業界に
つながる

入社してから、ファッション学部のクラス担当として学生の日々の学校生活や就職活動のサポート、講師とのカリキュラム調整など、幅広く業務を行っています。今は、学生の進級や就職の目標をクリアするために、チームをまとめる役割も担うようになりました。
学生たちが日々機嫌よく過ごせること、その延長として、彼らが好きなことを仕事にし、日本のクリエイティブ業界を盛り上げていってくれることを自分自身の目標にして、毎日業務に取り組んでいます。
バンタンのカリキュラムは、産学協同プログラムや外部のショー参加など、教室で行う授業以外のイベントを数多く実施するのですが、入社してから一番印象に残っている仕事が、昨年冬に参加したスタイリスト学科の外部ファッションショーでした。作品作りやショーの構成を組み立てていく中で、僕自身も、演出面やイベント運営側との打合せなど、それまでよりも深く関わったイベントだったんです。学生と一緒になって、ひとつのショーをやり遂げた時は、本当に大きな達成感を感じましたね。

これからの業界を見据え
教育が担う役割を広げたい

元々ファッションカルチャーが好きな自分にとって、様々な領域のクリエイターが出入りし、そういったカルチャーに興味を持つ若者が集うこの場所は、とても刺激的な仕事場です。だからこそ今後は、より本質的にファッションカルチャーに貢献できるような、スクールの価値創造を模索していきたい。この先、ファッション業界はどう変化し、クリエイターは何を求めらるのか?業界で大きくなりつつある新しい波や機能が重要度を増して、今は存在しない新しい職業を生み出すことだってあると思います。自身の興味が強いからこそ、業界や産業の動きを見極めて、教育が担うべき役割や提供する価値をどんどん広げていきたい、という使命に近いような想いを持っています。こう考えて見ると、バンタンが掲げている企業理念の「新しい価値を生み出すことで、文化と産業の発展に寄与します」が、正に自分自身の成し遂げたいことと一致していますね。

私が創るのは…若者がのびのびと
好きなことを
できる時代

若者が、自分が好きなことに自信をもってのびのびと続けていける時代を創っていきたいです。大それた夢がなくても、しがらみなく自分の好きなことを自分のペースで続けられる時代になれば、と。受講生がバンタンにいられる期間はごく限られていますが、その中でひとりひとりの将来のことも一緒に悩みながら考えていきたいです。

PROJECT STORY私たちの仕事

スタッフ一人ひとりの情熱によって、
さまざまなプロジェクトが生み出されます。

CAREERS採用情報

募集要項、よくある質問はこちらをご覧ください。