人の岐路に立つ仕事は
努力に見合う喜びが
ある

小出 愛

2015年中途入社
バンタンデザイン研究所東京校
マーケティンググループ
キャリアチーム スタッフ

仕事を通して
平凡な自分の殻を壊したい

大学卒業後、新卒で入った会社から二度目の転職でバンタンに入社しました。もともと私は発想力があるタイプではなく、言われた通りに仕事をきちんとこなす、という働き方の方が性に合っていると思っています。でも、だからこそ「平凡な自分の殻を、ここでなら壊せるのではないか」と感じ、能動的に動くことが求められるバンタンに入社を決めました。思えば、以前の転職でも同じように、“言われた通り“ではなく、自分を変えられることが期待できる仕事をあえて選んでいました。きっとどこかで、平凡な自分に嫌悪感を抱いていたんですね。そんな私にとって、入社して間もない頃からイベントの担当を任せてもらったり、チームのアクションプランへ意見が求められたりするバンタンは、とても新鮮な会社でした。それまで完全にトップダウンの会社しか経験していなかったので、社員同士のコミュニケーションから様々な決定がなされるバンタンは、刺激的で、折に触れて自分の成長を実感できています。

目に見えない商品を売る
自信がない分は努力で補う

入社してバンタンデザイン研究所のマーケティンググループに所属しました。入学を検討される方にカウンセリングし、バンタンにご入学できるようサポートする仕事です。目に見えない商品を売る仕事なので、人見知りの自分にとっては本当に難しい仕事です。
いかに信頼してもらえるか、不安を取り除けるかがとても重要。ですので、人見知りの私でも自信を持って話ができるように、パンフレットに載っている情報は、どんな小さいことでも分からないことがあれば先輩に聞いたり、社内勉強会があれば録音して復習したり、ちゃんと自分の言葉で説明できるようにしています。その方の人生に関わる選択のお手伝いをするわけですから、こちら側もそれに見合う努力をするべきだと思うんです。その分、入学をお手伝いした学生が、入学後にわざわざ近況報告をしにきてくれたり、「バンタンに入学してよかったよ!ありがとう」と言ってくれると、微力ながら役に立てたことがとても嬉しく、やりがいを感じることができます。

育児のための時短勤務
頼ってしまう分、貢献したい

実は一昨年出産し、育児休業を経て、今は時短勤務で働いています。私のいるキャリアチームは、土日祝メインのお仕事にも関わらず、保育園は日曜・祝日がお休み。私もお休みをいただかなくてはいけないので、復帰後、本当に役に立っているのか不安な気持ちでいっぱいでした。でも本当に私は運がよく、上司をはじめ周りの皆が時短勤務をサポートしてくれて、ちゃんと両立することができています。
「役に立っていない人なんていない、今やれることをやってくれればいい」という上司からの言葉も私の支えになっています。もう、感謝しかありません。だからこそ、限られた勤務時間でできるだけ貢献できるよう、自分の得意な管理業務は他の人の分も請け負って、効率的に仕事を進められるように努力しています。いつか、バンタンで幼児教育ができたらいいな、と思ってるんです。例えば英会話スクールだとして、バンタンなら、デザイン思考を取り入れたり、クリエイティブに絡めたり、他にはない個性的なカリキュラムができるだろうと。将来そんな部署ができたら、積極的に自分も関わりたいと思っています。

私が創るのは…何歳になっても
夢を追える時代

ここ数年、キャリアカレッジの入学希望者には、40代以上の方が増えています。昔諦めた夢や、大人になってから好きになったことを、二度目のキャリアとして追求するのは素敵ですよね。バンタンが、そんな方たちのリスタートへのステップになれれば、と思っています。

PROJECT STORY私たちの仕事

スタッフ一人ひとりの情熱によって、
さまざまなプロジェクトが生み出されます。

CAREERS採用情報

募集要項、よくある質問はこちらをご覧ください。