Find us on Facebook

Students Interview

バンタンデザイン研究所 田多井 久身衣さん
2017.09.08

[Students Interview]


田多井 久身衣(タタイ クミエ)
バンタンデザイン研究所 スタイリスト基礎科



通っていた中学校が私服通学の学校で、


毎日服のコーディネートを考える必要がありました。


その頃からファッションの面白さを感じるようになり、


服が好きだと強く思うようになりました。



一旦は短大に進学し就職活動をしていましたが、


将来について深く考えたところ、


ずっと好きだった服に関わって仕事をしたいと思うようになりました。


そして、スタイリストという仕事に興味を持ち、


スタイリストを目指して専門的な勉強をしようと、


バンタンへの進学を決めました。



バンタンについては中学生の時に読んでいたZipperによく掲載されていたので、


その頃から知っていました。


バンタンは講師の先生方との距離が近く、実技の授業も多いので、


いちばん自分の力がつく環境ではないかと思って選びました。


それに、学費を自分で払うと決めていたので、分割払いできることが決め手でした。



これまでの授業では、スタイリスト吉井さんの授業が心に残っています。


現場の話や、私達が卒業してから独り立ちできるよう事細かく指導していただきました。


ヘアメイクやスタイリストのアシスタントとして活躍されている方を呼んでの授業では


スタイリストとアシスタントの関係性を知ることができてとても役立ちました。


バンタンでは実際にスタイリストやデザイナーとして活躍している


現役の先生方から教わることができ、


業界や現場のリアルな話を聞けるのでとてもためになります。


順位がつくコンテスト形式の課題やショーに出場する機会も多く、


クラスの仲間や周りの人たちといい意味でライバルでいられる環境が整っていて、


気持ちの面でバネとなるのもメリットだと思います。



将来の夢はスタイリストになることです。


主にミュージシャンのスタイリングをしたいと思っていて、


お店も出せたらいいなと思っています。



自分の好きな洋服のことであっても、うまくいかなくて辛いと感じたり、


本当に服が好きなのか悩むことも正直あります。


でもバンタンには同じ夢に向かっている仲間がたくさんいて、


自分の力を試せるイベントごとも多く、


結果が出たときは最高に楽しいですよ!


バンタンを進学先として検討している皆さん、待っています!





Vantan(バンタン)
http://www.vantan.jp/school/



PAGE TOP