Find us on Facebook

Students Interview

バンタンデザイン研究所 遠藤 夏子さん
2017.03.09

[Students Interview]



遠藤 夏子(エンドウ ナツコ)
バンタンデザイン研究所 ファッションデザイン学科




ファッションという分野に興味をもったきっかけはたぶん、


祖母がセンスの良い人で、小さい頃に彼女がくれる服が


いつも他の人がくれる物とは違って見えていて、


その事を不思議に感じていて、印象も強かった、という所です。


そこからバンタンデザイン研究所を選んで入学したのは、


ネットでたまたま見た時に気になって開いてみた時に、


なんとなく直感で校風が自分に合うと思ったからです(笑)





でも、なんとなくの直感で正解だと思えたのは、


キャラの濃い人達に出会えたこと。


大学にいた時には会ったことのない個性を持った人に囲まれて、


毎日刺激的で楽しいです。


バンタンに入ってから、みんなに会えない休日が退屈で仕方がないです(笑)


入学してからとにかく印象が一番残っているのは、


ニューヨーク研修です。


普通ならなかなか出来ない経験も怒涛のスケジュールで味わう事ができました。


その中でも自由時間もあって、ニューヨークの街を


好きに歩き回れたのも嬉しかったです。





将来はデザイナーになって、自分のブランドを持ちたいです。


とにかく、自分の欲に納得がいく結果を出したい、と思っています。


これからの後輩には、「やりたいと思う事があったら環境が


許してくれる限りやってみたらいいよ!」と言ってあげたいです!







Vantan(バンタン)
http://www.vantan.jp/school/


PAGE TOP