Find us on Facebook

Students Interview

バンタンデザイン研究所 伊藤優さん
2015.07.08

[Students Interview]

伊藤 優(イトウ ユウ)
バンタンデザイン研究所 キャリアカレッジ ファションプレスコース/デジタルファッションマーケティングコース

Vantan(バンタン)_伊藤優1_hp.jpg

私は今、アパレルブランドのプレスを目指して、

4年制大学の商学部でマーケティングなどを勉強しながら

日曜日だけバンタンに通っています。

小さい時からお洋服が好きで、お母さんが用意してくれた服でも、

気に入らないとタンスの奥にしまって絶対着ないとか、

昔から自分が身につけるものはすごくこだわっていました(笑)。

進路は全然違う道を考えていたんですけど、

高校3年生で改めて進路を考えた時に、

やっぱり自分が好きなお洋服に関わることができる仕事に

携わりたいと考えるようになりました。

学校が中高大学一貫式だったので、

一応大学は卒業しておいたほうがいいかなと思って、

とりあえず進学したんですけど、

やっぱりファッションプレスのことが気になっていて。

それで大学1年生の3月に、バンタンの説明会に参加したんです。

最初は、学校に入りたいとまでは思っていなくて、

将来の自分のための情報収集みたいなけっこう軽い気持ちでした。

でもそれをきっかけに、本気で進路を考えるようになり、

大学を卒業してからでもアパレル企業に就職できるけど、

ファッションプレスとか企画系の仕事に就くためには

きちんと学校に通った方がいいのかなって思ったので、

すぐに入学を決めました。

両親にも相談したら、夢があることは

いいことだからやりなさいって言ってくれましたし、

学費は自分のアルバイト代でまかなっているので、

なるべく迷惑をかけないようにしています。

Vantan(バンタン)_伊藤優2_hp.jpg

私はファッションプレスの志望なので、

ファッションプレスコースとデジタルファッションマーケティングコースの

2コースを選択しています。

ファッションプレスのコースでは、

お店のディスプレイやレイアウトを学ぶ

ビジュアル・マーチャンダイジングと

ファッションマーケティングを全般的に勉強しています。

実際にあるブランドや商業施設を題材にしてリサーチをしたり、

売上が落ち込んでいる理由や今後その施設が売上を伸ばすためには

どんな施策を打たなくてはいけないのかを考えています。

また、デジタルファッションマーケティングでは、

eコーマスを中心に学んでいます。

ECサイトの仕組みだったり、SNSや動画のプラットフォームのことなど

ソーシャルメディアの活用、物流、カメラワークについての勉強もしています。

これが全て日曜日の授業なので、

一日がとっても濃密で、最近さすがに大変になってきました(笑)。

大学の授業だと、何百人に対して一人の先生が教えてくれるけど、

バンタンはクラスの人数が多くても十数人で、少ないと数人の時もあるので、

講師とのコミュニケーションの量が多いですし、

毎回授業の中で教室の前に立って

自分の意見を発表しなくてはいけないので、考えるチカラがつきますね。

あと講師もすごい方たちばかりで、

デジタルファッションマーケティングの講師は企業の社長の方なんですけど、

資料や教科書は使わずに、

自分の言葉と書きだした文字を中心に教えてくれるんです。

頭の中にある知識の量がすごいなって尊敬しますし、

教科書をベースにした大学の授業に比べて

ものすごい頭の中に入ってきますね。

Vantan(バンタン)_伊藤優3_hp.jpg

私は今、大学2年生ですが、自分でもすごく良いタイミングで

学校に来れてるなって思っています。

アルバイト先のアパレルでも学んだ知識を活かせるし、

大学3年生とか4年生になったらゼミやインターン、就活など、

自分が使える時間が限られてきます。

まずこの1年は、今目の前にある学校の課題に全力で取り組みながら、

自分が憧れているプレスを目指して頑張っていこうと思います!



Vantan(バンタン)
http://www.vantan.jp/school/

PAGE TOP