Find us on Facebook

Students Interview

バンタンデザイン研究所高等部 菅野浩佑さん
2015.05.21

[Students Interview]

菅野 浩佑(スゲノ コウスケ)
バンタンデザイン研究所高等部 ファッション科 2年 

Vantan(バンタン)_VDH菅野_01_hp.jpg

小さい頃から絵を描くことが好きでした。

幼稚園の頃に絵で賞をもらったことがあって、

それがすごく嬉しくて小・中学校と自己流ながらずっと絵は描き続けてきました。

中でもオリジナルのキャラクターを生み出すのが好きでしたね。

また、ファッションというと女性的なイメージが強くて

自分には合わないと思っていたのですが、

中学2年生くらいの時にBIGBANGという韓国のボーカルグループを好きになって、

彼らが着ている服も格好いいなと意識して見るようになりました。

それがきっかけでメンズファッションにも興味を持つようになったんです。

中学3年生になり、その2つの「好き」なこと両方に関われるのが

ファッションデザイナーなんじゃないかと考えるようになって色々調べ始めました。

ファッションデザイナーになるなら専門的な勉強が必要だと思ってパソコンで調べたら、

すぐにバンタンが出てきました(笑)。

親から自立したいという気持ちも強かったし、

好きなことを早めに習えたら、

その分スタートも早いから差が付けられるじゃないですか。

服飾系の学校でも高校から学べるところはなかなか無かったので、

バンタンに高等部があったのは大きかったです。

でも、お父さんには反対されてしまって。

「そんな厳しい世界で成功するなんて、どうせお前にはムリだろう」

と言われてしまいました。

それで結局、1年の間、普通の高校に行っていたのですが、

それでもやっぱりファッションの勉強をしたほうが楽しいし

自分のためになると思ったので、がんばって説得して

バンタンに入学できることになりました。

Vantan(バンタン)_VDH菅野_02_hp.jpg

前の高校の時は、やりたくもない勉強をしてやらされている感が強かったけど、

今はちゃんと学校に来て学びたかった

ファッションの勉強ができているのでとても充実しています。

入学前はミシンの使い方すらわからなかった僕が、

1年経って、パターンやデザインを学んで

少しは服の構造がわかってきたかなと感じています。

あと、バンタンにはファッション科の他に、ヘアメイク科とデザイン科があるのですが、

今3科合同でファッション雑誌の表紙を作る

「セッションワーク」という授業に取り組んでいます。

チームみんなで企画を話し合っている段階で、

僕はファッション科なのでモデルのスタイリングを担当する予定です。

本当の仕事と同じような形で、

チームで全て決めていくので大変なことも多そうですが、

新しいものを作っていくのは楽しいです。

将来は、まだぼんやりしているところもありますが、

いろいろとファッションの仕事を経験して、

最終的には自分のオリジナルブランドを立ちあげられたらいいなと思います。

デザインも服作りもまだまだ勉強中だけど、

好きなテイストはわかってきたので、

これからは、より自分らしさやオリジナリティを出せるような

デザインをしていけるように努力していきたいです!

Vantan(バンタン)_VDH菅野_03_hp.jpg

Vantan(バンタン)
http://www.vantan.jp/school/

PAGE TOP