Find us on Facebook

Students Interview

レコールバンタン大阪校 大本 彩加さん
2013.11.15

[Students Interview]

大本 彩加(オオモト アヤカ)
レコールバンタン大阪校 カフェ&フードコーディネーター本科


《Food Design Awards(Next Chef Contest)でグランプリを受賞!》

"食"の新しい楽しみ方を提案するイベント『Food Design Collection』内で実施され、

来年1月末に開催される

海外インキュベーションプロジェクト『Vantan TOKYO』への出展の権利をかけた

国内デビュープロジェクト「Food Design Awards(Next Chef Contest)」で

見事グランプリを受賞した大本さんにお話を聞きました。

 


受賞、今までの人生で最高に嬉しいです。

受賞が決まった瞬間、嬉しくて涙が止まらなくなりました。

元々泣き虫なんです・・・

大阪の仲間や親も喜んでくれると思うので、早く伝えたいと思います。



私は、今回の全体テーマである"モダン・ジャパニーズ"から、

まず「西洋料理で表現する"和"へのオマージュ」をコンセプトにして

日本の瑞々しさを表現しようと考えました。

桜や着物姿の女性のように新しさと懐かしさが合わさったような日本独自の魅力。

外国語では表現できないこの日本固有の美しさを、

食を通じて感じてもらいたいと思ったんです。

 


食材のベースには、

私の住む関西でとても人気があり

桜の花びらのように美しい皮目で繊細な味わいが魅力の糸撚魚(イトヨリ)を選びました。

そこからがすごく大変で・・・。

なかなかイメージ通りに仕上げられませんでした。



一度目の試作では、

味が複雑になり過ぎてイメージしたものと全然違うものになってしまうし、

二度目三度目と少しずつ近づいてはいるのですが、

香りが足りなかったり辛味が足りなかったりと完成には程遠く、

なかなかイメージしたものにはたどり着きませんでした。

何度も挫けそうになったんですけど、

そんな時に講師が「納得できるまでやりきったらいい」と言ってくれたので

諦めることなく頑張ることができました。

作品には本当に満足しています。



ポイントはたくさんありますが、

中でも口の中に入れた際の香りにはすごくこだわりました。

シチリアをイメージしてオレンジ、ライム、柚子という3種類の柑橘系の果物で香りづけをしています。

今回食べてくださった皆さんが、

私の作品を通じて日本の魅力を感じていただけていると嬉しいですね。

 


私は、将来的には海外でも勉強してから日本で仕事をしたいと考えています。

それだけに、今回グランプリがいただけてパリでデビューできるというのは

本当に嬉しいです。

まだ、実感が湧いていないので分かりませんが、

パリに行ったら"食"のことだけではなく、

文化や町並みなんかもしっかり見たいと思います。

全てを感じてその後の料理に活かしたいんです。

それよりまず、親に連絡しないと。

ありがとうございます!



Vantan(バンタン)
http://www.vantan.jp/school/

PAGE TOP