ホテル リッツ パリ 総支配人 ジャン=ピエール・トレビザン氏インタビュー

創立50周年おめでとうございます。
このようなインタビューに参加できて幸せです。

レコールバンタンの開校当初よりフランス料理に強い魅力を感じていた学生たちが、ホテル リッツ パリにある料理学校「エコール・リッツ・エスコフィエ」での授業に参加したことが、レコールバンタンと関わることになったきっかけです。我々と同じ価値観や伝統と現代性を分かち合えるパートナーを探しながら、日本との関係をさらに強いものにしたいと考え実現に至りました。私たちのコラボレーションは、ホテル リッツ パリのシェフが渡日しレコールバンタンで学生たちにレシピを教えたり、パリで行う製菓や調理の研修をレコールの学生が受講したりと豊かな交流が可能になっています。

エコール・リッツ・エスコフィエでは、ホテル リッツ パリの厨房の真ん中で美食を愛する人々を迎えています。最高のシェフ達の指導のもと、フランス料理の基本を身につけたいと願う全ての人たちのために製菓や料理の様々な授業を提案し、またプロを目指す人を対象に、初級・中級・上級それぞれのレベルに合わせて実践と理論を組み合わせた授業を行っています。長期コース終了後には、ホテル リッツ パリの名高い厨房での現場研修を提供します。現在はホテルの改装工事のために閉校中ですが、2015年末の再オープンの時には、改めて格別な美食のノウハウの伝導をお見せしたいと思います。

レコールバンタンは、各分野のエキスパートと合わせて多くの質の良い授業プログラムを提案していると思います。また、我々と同じように伝統を尊重すると同時に、独創性と創造性を刺激するよう努めていると感じています。そんなレコールバンタンとコラボレーションしていることをとても誇らしく思いますし、この提携が続くことを心より願っています。

将来は、さらに新しいクリエイティブで多様的な授業における交流を行い、二つの国の新たな橋渡しになるようなプログラムをつくり続け、業界にとって価値のある学校を築いていきたいですね。お互いに未来に向けてさらなる発展を目指していきましょう。