Find us on Facebook

沿革

1965

バンタンデザイン研究所 東京・恵比寿に創立

  • ファッションやグラフィックの業界に“デザイン”という概念を広める。
1969

バンタンキャリアスクール
(現:バンタンデザイン研究所)開校

  • 社会人のキャリアアップに向けた“デザイン”の専門教育を開始する。
1991

バンタン電脳情報学院
(現:バンタンゲームアカデミー)開校

  • “デザイン”と“テクノロジー”の融合を目指し、世界で初めてゲーム分野に特化した専門教育を開始する。
1998

バンタン製菓学院
(現:レコールバンタン)開校

バンタン ルソン・ド・シュルプリーズ
(現:レコールバンタン・キャリアカレッジ)開校

  • それまでの製菓や調理学校とは異なる、“フードデザイン”を軸に置いた食の専門教育を開始する。
  • 菓子職人を意味するフランス語の“パティシエ”という呼称を広める。
2000

バンタン映画映像学院
(現:バンタンデザイン研究所映画・映像学部)開校

  • フィルム中心だった映画・映像分野のデジタル化を予見し、デジタル環境に対応できる人材の専門教育を開始する。
2004

ヴィーナスアカデミー 開校

  • 業界に先駆けて、“セルフビューティ”をカリキュラムに取り入れたトータルビューティスクールを開校する。
2007

バンタン電影アニメマンガ学院
(現:バンタンゲームアカデミー)開校

  • 業界に先駆けて、海外のアニメ、マンガ業界でも活躍できる人材の専門教育を開始する。

「WASABI(ワサビ)」設立

  • ゲーム分野におけるインキュベーション活動として、卒業生のゲーム制作活動を支援するゲームスタジオの運営を開始する。

未来のしごと研究所 活動開始

  • 小中学生を中心に、自ら将来の職業について自ら考える啓蒙活動を開始する。

バンタンヘアスタイリングラボ 開校

  • 国家資格取得の指定カリキュラムに、バンタン独自の育成カリキュラムにを加えた教育を開始する。
2008

NY.パーソンズ大学との単位互換提携を開始

  • 日本で唯一のパーソンズ大学単位互換提携校となる。

「Atelier X-SEED(アトリエエクシード)」設立

  • ファッション分野におけるインキュベーション活動として、卒業生が手掛けるブランドを支援する機関の運営を開始する。
2009

バンタンデザイン研究所が民間の教育機関としては初めて、外国人留学生の入学受け入れを許可される。

海外インキュベーションプロジェクト「Vantan Tokyo」開始(ファッション・パティシエ)

2010

レコールバンタンハイスクール
(現:レコールバンタン高等部)開校
ヴィーナスアカデミーハイスクール
(現:ヴィーナスアカデミー高等部)開校

  • 高校卒業資格の取得とともに、10代でのプロデビューを目指す人材の専門教育を開始する。
2011

ストリートバンタンTOKYO
(現:バンタンデザイン研究所)開校

  • ファッション分野を中心に、マイクロビジネスでの独立、起業ができるという新たな職業観を提案する教育を開始する。

バンタンドットライブアカデミー
(現:バンタンゲームアカデミー)開校

  • 業界に先駆けて、ソーシャルメディア、スマートフォン分野に特化した専門教育を開始する。

バンタンプロフェッショナルランゲージスクール 開校

  • クリエイティブ業界での活躍を目指す外国人に向けた日本語教育を開始する。
2012

バンタンデザインハイスクール
(現:バンタンデザイン研究所高等部)開校

  • 高校卒業資格の取得とともにファッション、ヘアメイク、デザイン分野を目指す人材の専門教育を開始する。
2014

バンタン高等学院(東京・大阪)開校

  • めまぐるしく変化する市場に対し、若年層への早期の専門教育の必要性を感じ、バンタン高等学院として、バンタンデザイン研究所高等部、レコールバンタン高等部、バンタンゲームアカデミー高等部、ヴィーナスアカデミー高等部を開校する。

バンタンスポーツアカデミー(東京)開校

  • スポーツに関わるマーケティング、メディア、ストリートデザイン分野に特化した人材の専門教育を開始する。

PAGE TOP